>

日帰り入院で保険会社を考察する

保険会社の給付金をもらう

日帰り入院か否か、手術を入院中に受けたか否か、で受け取れる金額が変わってくる保険商品は多くなるので、自分が入っている保険をよく見ておく必要があります。
入院給付金をもらいたいときには少し準備がいります。

保険会社によって違いはでてきますが、保険会社所定の診断書に必要事項を記載してもらうことが必要です。
保障の対象になっているかの確認も含め、保険会社に連絡しておきます。
所定の診断書をもらったら医師に書いてもらいますが、このとき医師には診断書作成料を支払うことになります。
これには5000円ほどの料金がかかるケースが多いので、給付金との兼ね合いを見ておきましょう。
入院をしたとなったら日帰りだとしても正しく入院給付金や手術給付金をもらい、医療保険を役立てるようにしたいですね。

医療保険を十分に活用する

日帰り入院か、通院かをあまり考えずに過ごすことが多かったかもしれませんが、お金に関わってくるとなると話は別ですね。
医療保険といわず、保険商品はその対象や保障内容をよく把握しておくことが大事です。
いざとなったときに支払われない、とか支払い対象だったのにもらわなかった、などという損するケースが良くあります。そうした事態は避けたいものです。

また、よく考えずに保険に入ってしまい、日帰り入院に対応していなかった!対応する新しい保険に入りなおそう、という人がいるかもしれませんが、そこは自身の病気とよく考えて決めた方がいいパターンです。
切り替えることによって年齢もあがっており、保険料金が高くなっているので果たして得なのかどうか、という問題になってきます。
保険の乗り換えは総合的な判断が必要となってきますので、よく考えて行うようにしましょう。


この記事をシェアする