>

日帰り入院になる

日帰り入院になる病気や検査

昨今では医療技術が進歩して、手術でも日帰りでできるものが増えてきました。
その具体的な例としては、
・胃や大腸の内視鏡的ポリープ切除術
・下肢静脈瘤手術
・鼠経ヘルニア手術
・白内障手術
・緑内障手術
・痔瘻根治手術
・親知らずの抜歯
・抗がん剤の化学療法
・腱や靭帯の手術
などがあげられます。
手術には疾病に伴う検査も行われます。
あくまでも一例ですので、医師の考え方や病院によって日帰り入院になるかどうかは変わります。もちろん、患者本人のからだの状態が良好か悪化しているかでも違います。

うちは二泊させます!こっちは日帰りで患者さんを楽にします!と、病院によってうたい文句が違うのを目にした人は多いと思われます。
自身にあった治療方針の病院を選ぶ必要はあります。

違いを知らないと保険で損をする

日帰り入院か、通院かの違いを知ることは何につながるかというと、保険で損をしてしまうかどうかです。
とかく病気をするとお金がかかります。そのために医療保険に入っている人もいます。
お金のかかる病気に関しては保険で賄えるものは賄いたいところです。
保険商品によって変わりますが、通院か日帰り入院かでだいぶ金額に違いがでてきます。
通院のみで保障がでる保険商品は、一般的な通院ではほとんどないです。
がん治療の通院など、特定の条件が付いたものが対象となっています。
また、入院中に手術を受けたものと、外来で受けた手術とで受け取れる金額が変わってくる保険商品もあります。
日帰り入院かどうかを確認することは、保険で受け取れる金額に大いに関連してくるので大事なポイントといえます。


この記事をシェアする