>

日帰り入院と通院の違いを知る

日帰り入院の定義と確認方法

日帰り入院かどうかは、一般の人でも保険会社の人でもわりとわかりづらいものとなっています。

定義としては、
・入院日と退院日が同じであること。
・入院料の支払いがあること。
・検査や手術を行っていること。
があげられます。
朝に具合が悪くなって来院し、医師が検査や治療を必要な入院と判断、夕方に回復して退院した、というケースが該当します。
翌日にかかってしまう場合は日帰り入院とはなりません。ベッドを使ったとしても、検査などをせず休養目的であり、入院基本料の支払いを行っていない場合も日帰り入院にはなりません。

確認方法としては、会計してもらう領収書の入院料を見ることです。
ここに点数や金額の記載があるかどうかがポイントとなります。

通院との区別がつきづらい日帰り入院

通院との区別がわかりづらい日帰り入院があるので、注意が必要です。
外来で来院し、ベッドを使って人工透析や手術・検査をした場合はどうなるかというと、日帰り入院にはなりません。
体力が落ち、休養・点滴が必要でベッドで寝ている場合でも、日帰り入院に値しません。
医師の判断で入院とならないケースですね。
入院かどうかは最終的には医師の判断によります。
日帰り入院の定義と合わせて領収書をチェックし、入院料の支払いを見ておくことが大事です。
よくわからない場合は医療機関に直接問い合わせてみると確実でしょう。

入院がない、と判断されたケースにおいて、通院で検査・治療を行ったと判断されます。手術をしたとしてもそれは変わりません。


この記事をシェアする